「スプレッド」とは外為取引は通貨ペアを取引して収益を得る商取引です。

買ったり売ったりの値は、いつも上下しています。

これが為替です。

ラジオを聞いていると市場の情報が流れる状況があります。

よく見かけるのが、「本日の為替相場は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で買ったり売ったりされているという訳ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを表示しています。

つまり、取引には、買値と売値の両方の値があるという事です。

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と示しているFX取引会社も存在しています。

いつもは売値の方が低く決定されています。

この差をスプレッドといい、FX業者の稼ぎの1つになっています。

スプレッドの幅はFX業者によって変わります。

スプレッド幅はあなたにとってコストになるので狭い業者を選択したほうが有利になります。

ただ、同じFX取引会社でも状況によってスプレッドの狭さは変動します。

仮に通常は円とドルのペアで1銭のスプレッドの差であるとしても相場の上げ下げがとても大きい状況では1銭よりも広くなる事があります。

という訳で、スプレッドが低いのと同時に、安定している事が大切です。

近頃では変化しないスプレッドの狭さを提示する取引会社も多数存在しています。

リアルにFX会社の売り買い画面上で本当の為替レートを見なければ区別できないので億劫ですが、大事な事です。

多額の資金を賭けてエントリーするのですから、売買の前に、興味を持ったFX業者の取引口座開設を全てして、示されているスプレッドの狭さを見ておきましょう。

同じ通貨の組合せそのときの為替相場の状況によって、外貨のスプレッドは異なることがあります。

一般的には、インターバンクマーケットで取引量の多くて、流動性の高い外貨ではスプレッド幅が狭くその他の外貨ではスプレッド幅が大きくなる事が多いです。