為替介入(外国為替平衡操作)はご存知でしょうか?日銀が外国為替平衡操作(為替介入)をして新聞、テレビ番組、ネット等の報道で注目した人も多いと思います。

元より外国為替平衡操作(為替介入)というのは我が国では、財務大臣が為替相場の沈着を実現させるために遂行する方法として考えられています。

簡潔に言えば、極端な円高もしくは円安になった時に財務大臣の指示によって中央銀行である日銀が円の取引をして円相場の安定性を狙う、というものです。

為替の介入にはいくつか種類があるのです。

1.単独介入・・・政府機関もしくは中央銀行(日本銀行)が東京市場の中で自分から市場に参入して為替の介入を行なう。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

2.協調介入・・・いくつかの通貨当局が協議のうえで、各通貨当局の資産を出して同じタイミングないし続けて外国為替平衡操作(為替介入)を実施していく。

3.委託介入・・・国外の銀行などに対して外国為替市場介入(為替介入)を委託する。

4.逆委託介入・・・日本銀行が海外通貨当局と代わって為替介入を実施する。

以上のような方法があります。

為替の介入の金額はさすが国家の面子をかけているだけに段違いなのです。

円を基本に説明すると、日頃はほんの少し動いている円レートが急に数円の動きをするのです。

個人で投資をしている人ならば今までに経験したことがあると考えますが、今まで問題なく利益(あるいは含み損)が多い持ち高を保っていたのに、ポジションが決済となりましたといった通達が外為の会社からメールが。

どれほど得になったのかな(損失が出たのかな)?と思いながら決済された通達を確認したら自身が想像していた結果とは反対の状況になり驚いたといった話がありました。

為替の介入が実施された際によくあることです。

こういったことから介入が実行されると、為替の動きと逆の動きをすることがわかります。

それだけでなく動く金額の幅はものすごく大きくでかく動くので注意が必要です。