特定調停というのも任意整理による解決と似ていてそれぞれの貸し手に借金の支払いを継続していくことを前置きとした債務の整理の選択肢です。

わかりやすくいうなら裁判所が関与する負債の整理と考えることができます。

特定調停という方法も任意整理による解決と同じように自己破産手続きと異なりある部分だけのお金だけを処理することができるため、他の連帯保証人が関連する負債額以外について検討する際や自動車ローン以外だけを整理していく際などでも活用することもできますし、全ての資産を処分してしまう義務がないため株式やマンションなどの自分の資産を保有していて、手放してしまいたくない場合においても活用できる債務整理の手順といえるでしょう。

手続きを取った後返済する額と実際としての給与等の収入を比較しておおむね返済が見通せる場合においてはこの特定調停による手続きで進めるほうが良いですが破産申告のように借金自体がなくなるのではありませんので、借入金の量がだいぶある状況の場合現実にはこの方法での方法を取るのは困難になると判断することになるでしょう。

なお、この解決策の場合は国の機関が介在しますので弁護士事務所などに頼まなくても不利になってしまうことはないということや、解決のための金額をおさえられるという益はありますが、督促に対して債務者自らが対処しなければならない点とか実際の裁判所にことあるごとに出頭する手間を要するなどといった要素もあります。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

それから、任意整理による方法との比較になりますが同意に達しないような場合は利子をそのままの計画で返済していく必要があるといった点や最終的には貸方へ返済していくお金が任意整理による解決と比較して増えることがあるなどの注意が必要な点もあります。