為替の介入という言葉をご存知でしょうか?日銀が外国為替平衡操作(為替介入)をして新聞記事、報道番組、インターネットなどのニュースで目にした方も多いと思います。

元から為替介入(外国為替平衡操作)は我が国では、大臣(財務大臣)為替の相場の安定性を保つように実行する手段として見なされています。

要は、かなりの円高や円安になった時に財務大臣の指示により中央銀行である日銀が日本円の取引をして為替の相場の安定性を狙う、というものです。

為替の介入にはやり方が何通りかあるのです。

単独介入・・・行政や中央銀行(日本銀行)が、東京市場で自主的に市場に参加し為替介入を行なう。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

協調介入・・・複数の銀行などが相談しそれぞれの通貨当局の資産を用いて一緒または続けて為替介入を実行する。

委託介入・・・外国の通貨当局へ向けて介入を託す。

4.逆委託介入・・・日本銀行が外国の銀行などに代わって介入を実施する。

こんなようなやり方があります。

為替介入の金額はさすが国家のプライドをかけて行なうだけにスケールが大きいです。

円を基本にして例えると、普段は数銭ごとに動く相場が不意に数円単位の動きをするのです。

個人の投資家の方でしたらこれまでに体験したことがあると思うのですがこれまで期待通りに利益(もしくは含み損)を増やしていた持ち高を保っていたところで、保持している保有高が決済しましたという報告がFXの業者の発信でEメールが・・・どのくらい儲かったのかな(損失が出たのかな)?と思いながら決済されたデータを確認したところ、自分で思っていたのとは真逆の状態になっていて驚いてしまったといった話がありました。

外国為替平衡操作(為替介入)が行なわれた際によく聞く話です。

こういったことから為替の介入が施行されると為替の市場のトレンドと反対の動向をするのです。

まして動く金の範囲はものすごく大きく大きく変わるため用心しましょう。