自動車を運転している時、「車を持ったままで即日融資可」といった看板や広告が見かけることも多いはずです。

これらの広告は、車担保融資のお知らせであることが多いはずです。

車担保融資と呼ばれる言葉は、聞いたことがあっても、実は、どういったローンのスタイルなのか割と理解していない人もいると思います。

車担保融資とは、それほど少数派のローン方法ともいえます。

車担保融資では、愛車を返済ができなくなった際の保障にすることで、自動車の査定を行い、その額の査定枠内でローンを基本として行っているようです。

一般の自動車販売での査定と同じく、距離を走っている車や事故車であったりする場合は、査定の見積もりが低くなってしまうことがあるはずですので車を担保としてお金を融資を受ける場合には覚えているといいかもしれません。

車担保融資は、「クルマ」という目に見えたものを保険として抑える方法ですので、銀行などで借り入れがストップしている人でも直ぐに査定上限内での融資を行えるようです。

さらに、銀行や消費者金融でのキャッシングには色々な手続きの流れや面倒な審査などがありますが、自動車という自分が保有する価値のあるものを利用し、行う融資ですから、そうしたものが必要としないってこともあるようです。

最近では、クルマを返済に行き詰った際の保険にしてローンを受けても、クルマを今までと変わらなく引き続き運転することが出来る車の担保融資も増えてきています。

けれども、この融資方法の弱点としては、自動車の売値価格に融資の上限額も影響するので、所持する自動車によって、自分が望む金額の融資を受けられないということも多いと聞きます。

自動車を返済ができなくなった際の保障にしますから、仮に支払いが遅れてしまった際は、直ぐに車を引き渡さなければならないという、デメリットです。

クルマが暮らしの必要アイテムである場所では、愛車を、返済に行き詰った際の保険にする融資の仕方は、かなりリスクが大きいといえます。