自己破産を実行するにあたっては一部分の債務を含まずに行う申し入れはできませんので、高額なローン又は保証人が存在する借金を含まずに行う手続きは不可能です。

高額な住宅ローンが存在する場合に自己破産の申し立てを実行すれば自分の部屋は接収されてしまいますからローンを払いつつ(自宅を持ち続けながら)借金を弁済していきたいと希望する場合には借入金の返済を軽減する民事再生という申請方法をセレクトするのがよいでしょう。

一方で親族などの保証人が付いている借金が残っている時には債務を負った人が自己破産申請をしてしまった場合、保証人に対して返済の請求が送付されるのです。

また所有している資産(不動産、マイカー、株券あるいは生命保険といったもの)は、すべて没収対象となる故、どうしても手放したくない家宝が残っているという方の場合や、自己破産を実行すると仕事ができなくなる専門的資格で給料を得ている人の場合異なる借入金整理のしかた(任意整理あるいは特定調停手続など)を使わなければいけないのです。

あるいは、賭博・無駄な支出によって返済義務のある負債が大半のケースだと一番欲しい免責(負債をなかったことにしてしまう)が認定されない可能性がありますから、他の借金返済の方策(特定調停手続、任意整理あるいは民事再生の適用による返済の減額)といったことも視野に入れて考えることが必要になることもあると考えられるのです。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ