特定調停という手段も任意整理による方法とほぼ同じく、各債権を持つものに対して借金の支払いを続けていくことを選択する借金を整理する選択肢になります。

言い換えるなら裁判所における債務の整理と考えればいいでしょう。

この方法も任意整理による解決と同じように破産と異なり一部の負債のみを処理することができますので他に連帯保証人が付く負債以外について整理していく際やマンションのローンを除いて検討したい場合なども適用することも可能ですし築き上げてきた資産を放棄する義務はないので、マイカーや戸建て住宅などの個人資産を所有しているものの処分してしまいたくない場合でも活用可能な債務整理の手続きになるでしょう。

いっぽうで、手順を踏んだ後の返済に必要となる額と実際として可能な手取り額を比較し適度に返済の計画が立つようなら特定調停による手続きで進めるほうが良いですが破産宣告と違って返済義務自体がなくなるのではありませんので借りている総額がかなりある状況では現実には手続きを進めることは困難だと考えるのが無難でしょう。

この手順は裁判所が介在しますので専門家に頼まなくてもリスクが増えるようなことはないということとか解決するためのコストを圧縮できるという益は魅力的ですが、貸し手のきびしい取り立てに自ら説明することになる点に加え、裁判所に数回行くことになるなどといった注意点もあります。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

くわえて、任意整理による処理との比較になりますが最終的に和解に達しないような場合は利子をすべて付けた計算で返していかなければならないといったことや最終的には貸方に返済する金額が任意整理に対して割増しになることが多いなどの留意点もあります。