実際にパソコンの。

画面の前に座り、休むことなく上下動している市場を見ていると理由無く注文をしなければならないという抑えようの無い感情に追い立てられる場合も少なくないと思います。

だけど、なんとなく衝動で売り買いをすることは間違ってもしてはいけませんご存知の通り、マーケットは24時間、いつでもどこかでマーケットは動いているし、レートもいかなる時でも変動している。

そうであっても、立て続けに売り買いをするとそれだけで損をする可能性が高まってしまう。

言うまでもなく、注文の数を増やすことによって、結果的に勝ち負けの確率か半々になるのは事実。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

しかしこれは「なんとなくアイデアで取引」することとは別問題です。

注文回数を積み重ねるという意味は自分が「ここはいける」と直感した機会を持ったところでのトレード回数を増やすという事を意味します。

ただ、次々とトレードを経験するのとは明確に違う。

外国為替相場の勝負に敗北しないためには、自ら考えて緩急をつけることが大切です。

「少し難しい市場で、どう動くのか思いつかないな」と感じた時は観念して売買ポジションを全部閉じて黙っています。

このぐらいのメリハリをつける方が、結果的にはトレードは成功します。

外国為替市場の金言には「休むも相場」という言葉があります。

本当にその通りだと思います。

相場とは常にポジションを保持する事がすべてではなくどのポジションも保持せず待っている事も場合によってはFXです。

それでは、どの場面で休むといいのでしょうか。

最初に言われるのが先述の通り、これからの相場展開がはっきりと判断できない時です。

そこからどうなるのか明確でない時は、間違って判断すると、自分自身の考えた物語とは違った方向にマーケットが動いてしまい、損してしまいます。

こんなケースではポジションを無くして静観を決め込むのが最良の選択です。

もうひとつの場面は、体の状態があまりよくない時です。

体の状態と外国為替相場に関係性はないと考える方もいるでしょうが実際には関係あります。

体の状態が悪い時は、市場の大事な状況で、正しい判断を下すことが出来ない場合があります。

興味がわかない時は、外国為替相場から距離を置くことも肝心な事です。