破産手続きを考えている人で抱えている債務に関してその保証人がいるときには前もって話をしておくべきでしょう。

強調しておきますが、保証人がいるときは、破産手続きの前段階でちゃんと検討する必要があります。

なぜかというともし破産宣告をして受理されればその人たちがあなたが作った債務をまとめて支払う義務が生じるからです。

だから、破産手続きの前段階に保証人に、その現状を説明し、お詫びをしておかなくてはなりません。

これらのことは保証してくれる人の立場に立つと当たり前です。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

あなた自身が破産手続きをするのが原因で、強制的に数百万もの借金が回ってくるのです。

そのあとのその保証人の選べる選択ルート4つあります。

一つめは保証人が「全部返済する」という手段です。

保証人となる人がすぐにでも大きな負債をラクに返すことができるというようなカネをたくわえていれば、そうすることが選択できるでしょう。

その保証人が借金をした人と関係が親しいのなら、少しは期日を繰り延べてもらうこともありえます。

たとえ一括で完済ができないとしても貸金業者も相談で分割による支払いに応じてくれます。

あなたの保証人にも破産宣告を行われてしまうと貸金がなにも返ってこないリスクがあるからです。

保証人が保証したカネを代わって支払う財産がない場合は、借金した同様に何らかの方法での負債の整理を選ばなければなりません。

続いては「任意整理」を行う方法です。

この手順では貸金業者と示談することにより、3〜5年の期間内で返済する形になります。

弁護士などに依頼する際の経費の相場は1社につき4万円。

もし7社からの負債があるならだいたい28万円かかることになります。

必要な相手方との交渉を自ら行うこともできないことはないですが法律や交渉の経験のない方の場合向こう側が自分たちに有利な提案を用意してくるので気を付けた方がいいでしょう。

ただ、任意整理してもらう場合はその保証人に債務を代わりに払ってもらうわけですから、あなた自身はたとえ少しずつでもその人に支払いをしていくべきです。

さらに3つめはあなたの保証人もあなたと同じように「自己破産を申し立てる」という方法です。

その保証人もあなたと同じように破産宣告すれば、あなたの保証人の返済義務も返さなくて良いことになります。

ただ、その保証人が株式などを持っている場合は私財を失ってしまいますし、資格制限のある職務にあるならば影響が出ることは必須です。

次の個人再生を活用できます。

最後の方法の4つめの選択肢は「個人再生という制度を利用する」ことができます。

マンション等を処分せずに借金の整理をする場合や、破産宣告では影響が出る職に従事している場合に選択できるのが個人再生制度による整理です。

この方法なら自宅は手元に残りますし破産手続きのような職業制限資格制限等が何もありません。