どこにでもあるビギナー向けのFXの書籍では、「損が生まれた時はナンピン買いによって、ポジションの平均をコストを抑える事ができる」などと述べられているが、実際はこれは引っ掛けがあります。まずは、ナンピンのロジックについて説明しておきます。仮に1ドル100円でドルを買ったとする。$(ドル)買いだから、円安ドル高になるほど黒字が大きくなるわけですが、1ドルが95円までドル安に推移したとします。このままの状況でポジションを保持し続けたら、損がなくなるまでには損した分、ドル高が進まなければなりません。みんな、損は早めに無くしたいと願うでしょう。そこで最初に買ったのと同じ額のドルを1ドル95円でエントリーします。それで、ポジションの平均の買い付けコストは97円50銭まで引き下げることができます。2円50銭の幅で円安ドル高が進めば、赤字を失くせます。この流れがナンピンのロジックだ。このように、ナンピンの原理を理解すると「その通り」という気分になるがマーケットはそう簡単に思った通りにはなりません。そもそも、95円が下限だとということなど誰にも想像できません。例として、市場が相当に強い円高地合だったら、1ドル=95円では収まることなくより一層円高ドル安に進むリスクが高くなります。ひとつの例として、1ドル=97.50円でナンピン買いをしたとしても95円まで円高になったとしたらナンピンした分についても、為替差損が生じることになってしまうのである。これでは、初めに注文したドルと同時に、二重のマイナスが生まれる事になります。この例のように、ナンピン買いはややこしいです。では、相場が自分のストーリー展開とは逆の方向にさっさと進んでしまった場合どういう手段で危険を避ければいいのでしょうか。そういう時には選択できる方法は2つしかありません。最初のひとつは覚悟を決めて損失を確定する事です。もうひとつの手段としては、その時点で、自分か所持しているポジションを縮小することによって、再度為替相場が戻るのを大人しく待つ事です。相当主体性のない術だと考える投資家もいます。しかしながら、持っているポジションに差損が生まれた場合、一番正しい術はこれよりいいものは考えられません。考え方としては、ナンピン買いする手法も効果的です。けれどもナンピンは損をしている場面にもかかわらず買いポジションを減少させるどころか、それとは反対にポジションを積んでいく方法です。この方法では、リスクを避けることなどとても無謀だと思ったほうかいいだろう。ナンピンを続けられればやがては勝てるかもしれない。だが、それより前にお金はマイナスになってしまいます。